macOS と Windows のファイル共有が遅い時

macOS と Windows のファイル共有には SMB 接続で行います。そのファイル共有をする時にパケットを署名しています。

そこで、署名を無効にすることでファイル共有を早くします。

ファイル共有を利用するクライアント

/etc/nsmb.conf ファイルに次の行を追加します。

[default]
signing_required=no

SMB 接続でマウントしているドライブを一旦切断してから再接続をします。

ファイル共有を提供するサーバー

システム環境設定の共有でファイル共有のチェックを外します。
次にターミナルで、次のコマンドを実行します。

$ sudo defaults write /Library/Preferences/SystemConfiguration/com.apple.smb.server SigningRequired -bool FALSE

システム環境設定の共有でファイル共有にチェックをします。

投稿者: コネタねこ

上から読んでも『コネタねこ』、下から読んでも『コネタねこ』。贈り物に悩んだら、コネタねこの小ネタ帳。欲しくなっちゃうプレゼント、そんなアイデアのぞきにきてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください