カテゴリー
豆知識

ラッピングの話 – 包装紙の包み方

きれいにラッピングされたプレゼントの箱はそれだけでウキウキ♪だから、"ラッピングって見た目が大事" …というのも一理ですが、ラッピングにも見た目の華やかさだけじゃないマナーや作法があるんです。

基本は包装紙の包み方。包むときに箱の上下を間違えると、お祝いのプレゼントが、悲しみの贈り物になってしまうので要注意!
お祝いの時のポイントは次のとおり。

キャラメル包み (合わせ包み) の場合

右の紙が上。

合わせ包みのマナー

着物の襟合わせと同じだから、"箱に包装紙を着せる" と考えるといいかも。着物の襟合わせは "懐のモノを右手で出せる" 合わせ方が正解です。

 

斜め包み (デパート包み) の場合

正面は上が開く。

デパート包みのマナー

嬉しい事受け止めるために開きます。
悲しい事流れ落ちるように開きます。

自分でラッピングをするときには、ちょっと気をつけてみてね。ラッピングの包み方はこちらで詳しく説明されています。

オリハガキ ペンギン

作成者: コネタねこ

上から読んでも『コネタねこ』、下から読んでも『コネタねこ』。贈り物に悩んだら、コネタねこの小ネタ帳。欲しくなっちゃうプレゼント、そんなアイデアのぞきにきてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です