型崩れなしでセーターをハンガーに掛ける裏技

お役立ち情報を見つけました♪ハンガーにかけてもセーターをきれいな状態で保つ方法です。セーターを着るときはこの状態がベスト。

ハンガーにセーターを掛けるときもシャツみたいにこの位置にハンガーを入れがちですが

セーターは重いし伸びるので、肩にぽっこりハンガーの跡がついてしまいます。

そこで、セーターを半分に畳みます。

画像のように、ハンガーをちょうど脇の部分に置きます。

ハンガーを挟んで、身頃を上に折ります。

ハンガーの反対側を挟んで袖を折ります。

おしまい。

この方法だとセータの重さが分散されているので、伸びたり型崩れしたりしません。

投稿者: コネタねこ

上から読んでも『コネタねこ』、下から読んでも『コネタねこ』。贈り物に悩んだら、コネタねこの小ネタ帳。欲しくなっちゃうプレゼント、そんなアイデアのぞきにきてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください