カテゴリー
お見舞い 豆知識

お見舞いを贈るときの熨斗のアレコレ

お中元の熨斗 (のし) に続いて、のしの話。病気のお見舞いや、災害のお見舞いの時に使うのし紙の水引は、紅白5本結び切り。

そして、"熨斗" はつけない場合が多いです。

"熨斗" とは、のし袋やのし紙の右上についてる長い六角形のコレ↓。

のし

"熨斗" は元々、薄く切ったあわびをのし (アイロンして引き延ばして) 乾燥させたモノで、長寿・延寿を意味してます。

おめでたい印象があるので、現在のお見舞いののし紙には "熨斗" がついていないモノが多いですが、本来の延寿の意味を考えると、"熨斗" がついていても大丈夫ですね。

"お見舞いに紅白の水引を使うのはどうなんだろう?" と感じる場合もあると思います。
そんな時は無理にのし紙をかける必要はないんじゃないかな。のし紙よりも、一筆、お見舞いのお手紙を添えたら、もっと心が伝わるよ!

ところで、お見舞いはお見舞いでも、合宿などの "陣中見舞い" は、紅白蝶結びののし紙を使ってね。

お見舞いのお金を包むときの熨斗袋は次のとおり。

病気見舞い
左に赤線の入った専用封筒か市販の白い封筒が無難。表書きは「御見舞」
災害見舞い
市販の白い封筒。表書きは「御見舞」
陣中見舞い
紅白蝶結びののし袋。表書きは「陣中御見舞」のほか「祈優勝」「祈御活躍」などでも

知ってるとイザという時に役立つ、お見舞いのアレコレでした!

作成者: コネタねこ

上から読んでも『コネタねこ』、下から読んでも『コネタねこ』。贈り物に悩んだら、コネタねこの小ネタ帳。欲しくなっちゃうプレゼント、そんなアイデアのぞきにきてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です