カテゴリー
ウェブサイト制作

Google Chrome の input type=date のカレンダーピッカーが表示されない

Google Chrome を 76 にバージョンアップしたら、input type=date や datetime-local で ▼ を押してもカレンダーピッカーが表示されない…。

バージョン 76.0.3809.87

どうやら Chrome の開発版 Canary 78 でも同じ問題が発生しているようで、ブラウザの言語が日本語の場合に限った不具合のようです。

カテゴリー
ウェブサイト制作

Advanced Ads で ads.txt ファイルのエラー

WordPress を使ったブログに Google AdSense の広告を掲載するのに、Advanced Ads を利用していますが、Advanced Ads の管理画面を見てみると、次の問題 (Problems) が表示されていました。

要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。 Learn more about AdSense account issues here.

カテゴリー
ウェブサイト制作

Twitter ウィジェットが広がって、横スクロールバーが表示される

Twitter の公式ウィジェットをサイトに掲載して、iPhone (iOS 12.4) の Safari で見てみると、Twitter ウィジェットの横幅が画面の横幅を超えてしまい、横スクロールバーが表示されてしまいました。

カテゴリー
ウェブサイト制作

Google+ link publisher タグ

Google+ サービスが終了してしまいましたね…。ということで、そろそろ HTML の head に入れている Google+ 用の link タグを削除しようかなと。

カテゴリー
ウェブサイト制作

WordPress でブロックを追加できない

Word Press のバージョンが 5.0 になって、記事の作成にブロックエディターが採用されました。みなさんもう慣れましたか?わたしも、「いざ、使ってみよー!」とプレゼント小ネタ帳で記事を作成しようとすると…。

カテゴリー
ウェブサイト制作

Use of undefined constant CURL_SSLVERSION_TLSv1_2 – assumed ‘CURL_SSLVERSION_TLSv1_2’

PHP のバージョンアップで、cURL を利用しているコードが次のエラーで停止してしまいました。

Use of undefined constant CURL_SSLVERSION_TLSv1_2 – assumed ‘CURL_SSLVERSION_TLSv1_2’

問題は、cURL で使う SSL を TLS 1.2 で接続するよう指定していた行でした。

curl_setopt($ch, CURLOPT_SSLVERSION, CURL_SSLVERSION_TLSv1_2);
カテゴリー
ウェブサイト制作

PHP 7.1 以降の json_encode で float の小数点以下の桁数について

API の変数の受け渡しによく使われる JSON 形式ですが、PHP 7.1 以降では、消費税率など float の浮動小数点数を json_encode で JSON 形式に変換すると、小数点以下が長くなってしまいます。

$json = json_encode(['tax_rate' => 0.08]);
echo $json

上記のコードを実行すると、tax_rate の値は 0.08 ではなく、小数点以下が56桁もある値に変換されてしまっています。

{"tax_rate":0.08000000000000000166533453693773481063544750213623046875}
カテゴリー
ウェブサイト制作

Laravel の Validator に全角・半角対応の文字数チェックのルールを追加する

Laravel 5.5 の Validator は、フォームの入力値などのチェックにとても便利ですが、文字数チェックをしてくれる max ルールは、全角文字を1文字としてカウントするので、全角を2文字としてカウントする文字数チェックのルールがありません。

そこで、Validator に新しいルールを追加します。

カテゴリー
ウェブサイト制作

MAMP の PHP をターミナルで使うために PATH を通す

macOS にはデフォルトで PHP がインストールされていて、ターミナルで php コマンドを使うとデフォルトでインストールされている PHP を使用します。php コマンドで MAMP の PHP を優先的に使用するには、MAMP の php にパスを通します。

.bash_profile の変更

MAMP の PHP にパスを通すには、次のコマンドを実行します。(*.*.* は使用するバージョン番号を入れます。)

$ export PATH=/Applications/MAMP/bin/php/php*.*.*/bin:$PATH

一時的に MAMP の PHP を優先的に使うのであれば、このコマンドを実行するだけでよいのですが、ターミナルで常に MAMP の PHP を優先的に使うときには、ユーサーのホームディレクトリーの .bash_profile ファイルにこのコマンドを追記しておきます。(.bash_profile ファイルがない場合は作成します。)

.bash_profile への追記が終わったら、次のコマンドで反映させます。

$ source ~/.bash_profile

使用する PHP の確認

使用する PHP を確認するには、which コマンドを使います。

$ which php
/Applications/MAMP/bin/php/php*.*.*/bin/php

実行結果に希望する MAMP の php が表示されるはずです。また、php -v コマンドでバージョンを確かめることもできます。

$ php -v
PHP *.*.* (cli) (built: XXX) ( NTS )
Copyright (c) 1997-20XX The PHP Group
Zend Engine vX.X.X, Copyright (c) 1998-20XX Zend Technologies
カテゴリー
ウェブサイト制作

MySQL のコマンドで “Using a password on the command line interface can be insecure.”

MySQL のバージョンを 5.6 以降にアップグレードすると、今まで使っていた MySQL コマンド (mysql, mysqldump, mysqladmin など) で次の警告 (エラー) が表示されることがあります。

mysql: [Warning] Using a password on the command line interface can be insecure.
mysqldump: [Warning] Using a password on the command line interface can be insecure.
カテゴリー
ウェブサイト制作

無料の SSL 証明書とレンタルサーバーまとめ

ウェブサイトの接続を HTTPS でセキュアにするため、無料の SSL 証明書を発行できるサービスを調べてみました。また、無料の SSL 証明書を利用できるレンタルサーバーも合わせて調べました。

カテゴリー
ウェブサイト制作

MeCab をインストールして MAMP の PHP で使う

プログラムで日本語の形態素解析をしてみたいと思い、MeCab をインストールしてみました。開発環境は MAMP で PHP を使っていたので、手順は MeCab をインストールした後、PHP から MeCab を利用するための php-mecab をインストールしました。