CaboCha をインストールして MAMP の PHP で使う

MeCab を MAMP の PHP で利用していましたが、もう一歩進んで文節に区切りたいと思い、今度は日本語係り受け解析器の CaboCha をインストールしました。

※ * はバージョン番号に差し替えてください。

CRF++ のインストール

CaoboCha をインストールするには、MeCab と CRF++ が必須条件になっています。MeCab は以前インストールしてあるので、CRF++ をインストールします。

Homebrew でインストール

Mac に Homebrew がインストールされている場合は、brew コマンドで CRF++ をインストールできます。

brew install crf++

ソースコードからインストール

次のウェブページから CRF++ のソースコードをダウンロードして展開します。

展開が終わったら、ターミナルで展開したフォルダーに移動してインストールします。

$ cd  CRF++-*.*
$ ./configure
$ sudo make
$ sudo make install

CRF++ がインストールされていない状態で、CaboCha をインストールすると、次のエラーが表示されで make で次のエラーが出てしまいます。

chunk_learner.cpp:6:10: fatal error: 'crfpp.h' file not found

CaboCha をインストールする

まず、CaboCha を次のウェブページからダウンロードして展開します。

展開が終わったら、ターミナルを起動して展開したフォルダーに移動してインストールします。

$ cd cabocha-*.*
$ ./configure --with-charset=utf8 --enable-utf8-only
$ sudo make
$ sudo make install

configure で UTF-8 に関するオプションを付けないと、iconv conversion failed. skip this entry:... という表示がでて、文字エンコーディングの変換に失敗してしまいます。

CaboCha の動作確認

CaboCha が正しくインストールされたことを確認するため、バージョンチェック。

$ cabocha -v
cabocha of *.*

バージョンが表示されれば OK。

php-cabocha のインストール

次に CaboCha を PHP で利用するために、php-cabocha をインストールします。
次のページから php-cabocha のソースコードをダウンロードして展開します。

展開が終わったら、ターミナルで展開したフォルダーに移動してインストールします。

$ cd php-cabocha-master
$ /Applications/MAMP/bin/php/php*.*.*/bin/phpize
$ ./configure --with-php-config=/Applications/MAMP/bin/php/php*.*.*/bin/php-config
$ sudo make
$ sudo make install

php.ini の編集

先ほどインストールした php-cabocha を起動時に読み込むよう php.ini に次の行を追加して保存します。

extension=cabocha.so

php.ini は /Applications/MAMP/bin/php/php*.*.*/conf フォルダーにあります。

php-cabocha の動作確認

php.ini の編集が完了したら、Apache サーバーを再起動して phpinfo の出力内容に cabocha のセクションがあることを確認します。

cabocha

CaboCha support enabled

投稿者: コネタねこ

上から読んでも『コネタねこ』、下から読んでも『コネタねこ』。贈り物に悩んだら、コネタねこの小ネタ帳。欲しくなっちゃうプレゼント、そんなアイデアのぞきにきてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください